お問い合わせはこちらから092-672-5595

受付時間:15:00~22:00(月曜~金曜)

お問い合わせはこちらから

メール
メール

HYBRID ONE 始動!

HYBRID ONE 成績向上3つのメソッド


 

①週1日だけど全科目指導 今のキミに必要なこと「のみ」に絞った内容
ほとんどの塾は週2~3回に分けて各教科均一のバランスで授業を行っています。ところがこの指導形態は得意な教科も苦手な教科も同じ時間数になってしまうという難点もあります。HYBRID ONEでは、例えば普段は英数など主要科目、そしてテスト2週間前は理社などをメインにという風に教科の比重を移すことが可能で、無理・無駄なく計画的に学習することができます。また、週1日の通塾で指導時間は少なくなりますが、講義内容そのものが少なくなるわけではありません。ほとんどの塾が指導時間内で行っている「授業+演習」をe-leanig課題にすることにより時短を実現できるのです。週1回の通塾+在宅学習システムにより、1週間の学習リズムを無理なく保ちます。

②学習の仕方を徹底指導 対面指導でしかできないこと
普通の授業は生徒にとっては受動的であり、与えられる課題を消化することがメインとなるためどうしてもインプット中心の内容に偏ってしまいます。その対局に独学というものがあり、それは先生がいない、頼るものは自分のみで全てを進めるものです。自立学習は独学とまではいかないが受動的に学ぶのではなく、各自の指針に沿って自主的に進める学習法です。演習が中心となり、弱点を繰り返しアウトプットすることを徹底する仕組みのため実はこの形式が一番成績が上がるとも言われています。具体的には同じ空間に複数の生徒がいて、指導者が各自の学習を支援するイメージです。生徒は一人だけで勉強するのではなく、集団の中で他の生徒と机を並べて勉強します。一見、生徒任せ、放っておくような印象を受けるようですが、実は一人ひとりの学習管理が綿密に行われているのです。その指導者の役割はコンピューターやAIなどでは決して代行できない領域にあると考えます。

③家庭学習の充実 デジタルの活用
少ない通塾日数で成果を出すには家庭学習の充実が必須です。HYBRID ONEでは学習管理システムEduplus(エデュプラス)により、学習状況をしっかり管理します。また、コロナの巣ごもりでリアルの世界は1年間時計が止まったが、デジタルの世界は一気に10~20年進んだとも言われています。日本中の人々がZOOMを使いこなせるようになったことが一例です。HYBRID ONEでもこのZOOMを使ったバーチャル自習室を用意、お家と塾をつないで家庭学習をアシストします。アナログの中にデジタルをどう落とし込んでいくのか、これからもより良い学習環境を追求していきます。

ページ上部へ戻る